「安い!」「コレ、欲しかったヤツだ!」きっと一度は訪れたことがあるのではないでしょうか、リサイクルショップ。マニア垂涎のレアなアイテムや、正規の価格では手の届かないハイブランドといった定番商品から、どこに需要があるの?といった変わり種商品まで、さまざまなアイテムが店頭に並んでいます。掘り出し物を見つけては喜んだり、意外と高いんだと驚いたり。でも、買取金額はどうやって決めているんだろう?って疑問が湧いてきませんか!?お任せください!今回、株式会社サンクルが運営する「セカンドストリート岡山高柳店」を訪れ、リサイクルショップの買取現場の裏側に密着し、その疑問にお答えします!

 


お話をうかがったのは…
2018年9月株式会社サンクルへ入社し、現在、セカンドストリート岡山高柳店にて勤務している藤井洸樹さん。社会人デビューがアパレルショップということもあり、得意なジャンルは衣料全般。趣味である自転車方面の造詣も深い。

 

編集者
こんにちは!本日はよろしくお願いします!ホントにアイテムがたくさん並んでいますね!

藤井さん
こんにちは!お待ちしていました。こちらこそよろしくお願いします!そうですね、洋服、時計、食器、家電、家具、雑貨…、アイテム数はかなりの数に上ります。

編集者
ほへー、かなりの数!具体的にはどれくらいになるんですか?

藤井さん
…(沈黙)。

編集者
…(沈黙)。それくらいの数ってことですね(汗)。では、さっそく買取について教えてください。

藤井さん
はい!

 


買取の真っ最中。お客様とのやり取りは、いつもアツい

 

編集者
まずお聞きしたいのが、買取を担当する人は、某鑑定番組みたいに、例えば、洋服なら○○さん、時計なら△△さんと決まっているんですか?

藤井さん
いえ、そうではありません。「モノ」にはつかず、「ヒト」につきます。買取を希望される方が洋服も時計も家電も、といろんなジャンルを持ってきたとしても対応するのは一人の担当者です。

編集者
そうなると、人によってはジャンルの得手不得手が出てきませんか?

藤井さん
出てきます。私でしたら洋服と、趣味の自転車は強いですが、他のジャンルとなると…。でも、先輩に聞けますし、価格表というか基準となる買取ガイドライン的なものがあるので不得意でも困ることはありません。

編集者
それは心強い!買取までの簡単な流れを教えてください。

藤井さん
アイテム自体をネットで調べ、そこでの価格を参考にし、お店での販売価格を決めてから買取金額を決めてお客様へ提示します。

編集者
なるほど。提示金額にお客様もご納得いただけたら…

藤井さん
買取成立!

編集者
納得いかずに、「ちょっと安すぎるよ」「金額上げてよ」といった価格交渉は?

藤井さん
もちろんありますよ。こちらとしても頑張れる限りは、頑張ります。

編集者
一般的なお店の価格交渉だと「下げて」ですが、ここでは「上げて」なんですね。

藤井さん
そうですね「ここまでなら」といったお客様とのやりとりは日常茶飯事です。

 

 


買取依頼のなかには普段なかなかお目にかからない逸品や珍品も

 

 

編集者
これまでで一番「なんだこれは!?」って思った、査定するのが難しかったアイテムは何ですか?

藤井さん
人間国宝の方が作ったお椀です。

編集者
えっ、それって、とてつもない価値のあるものなのでは!?

藤井さん
はい、ネット上でも高額で取引されていました。

編集者
まさに芸術作品!

藤井さん
そうです。だからもうどう値段をつけたらいいかわからなくて…。40分ほど悩みました。

編集者
うーん、洋服とか一般的なアイテムはともかく、珍しいアイテムの買取は難しいですね。

藤井さん
まったくその通りです。でも、だからこそ奥が深くて、面白いんだと思うんです。得意分野だけではなく、さまざまなジャンルで価値を見極められる目を養い、訪れただけでワクワクするアイテムがより多く並ぶお店をつくっていきます!

編集者
カッコいい!本日はありがとうございました!

あとがき

目利き力アップ=売上アップ。この言葉が特に印象的でした。スタッフの目利き力が向上すれば、それが買取価格に反映され、「ここなら価値をわかってくれるので大切なものを売ってもいい」という売りたい人と、価値あるアイテムが目当ての買いたい人どちらのアップにもつながるとのこと。仕入れが重要なのは、リサイクルショップも同じであることを実感しました。

取材協力:株式会社サンクル


株式会社サンクルは、2010年設立。衣料、バッグ、時計、靴、アクセサリー専門店「JUMBLE STORE(ジャンブルストア)」を岡山市で3店舗、徳島市で1店舗を展開。2018年からは、洋服(古着)・バッグを中心にハイブランド品、家具家電まで幅広く取り扱う総合リユースショップ「セカンドストリート」を新たに岡山市で1店舗運営しています。