株式会社新井鑿泉工業

意外かもしれませんが、決まったリズムで働ける環境なんです

Profile
工事部
2019年10月
木本 智和
略歴

2019年10月入社 工事部に配属され配管工として勤務
現在に至る

家族との時間が増えた

物流倉庫で勤務していたのですが、長時間労働で身体的に厳しくなってきたため、転職を決意。そんなときに新井鑿泉工業を見つけ、自宅近くでしたし、条件も良く安定して働けそうだったため応募しました。

高校生になる男児と小学生の女児2名、計3名の子供がいるのですが、前職ではこの子たちと関わる時間があまりなかったんです。しかし今はほぼ毎日定時に帰れるため、家族との時間を満喫できています。体力面の問題解決だけではなくプライベートタイムも確保でき、転職は大正解だったといえますね。

やったことがカタチになるから面白い

配管工として水道管の敷設、それにともなう土木作業へ携わっています。屋外作業ですから天候に左右されることも。雨で現場に出られないときは、材料や機材の整理・管理などを実施しています。工期が決まっているため、悪天候でスケジュールがおしてしまう場合はちょっと大変になりますね。遅れた分を取り戻すため、全員が団結して業務を進めています。

この仕事の良い部分は、自分の作業がカタチとなって現れること。倉庫業もやりがいはありましたが残るものではなかったので、最初はそれが新鮮でした。何事もなく無事に工期を終えたときは大きな達成感に包まれます。

縁の下の力持ちとして

水道は人々の暮らしになくてはならないもの。それに携わることで、世の中に貢献しているんだなと感じられる仕事です。直接お礼を言われることはなかなかないですが、皆さんの生活を陰で支えているんだと思うとやる気がみなぎりますよ。

私の今の目標は、資格を取得して業務の幅を広げることです。昨年は給水装置工事主任技術者を取らせてもらい、現在は管工事施工管理技士取得に向け勉強しています。2019年に入社したばかりでまだまだ覚えることが多数ありますので、資格をとりつつ現場で先輩の技術を盗みながら成長していきたいですね。私と同じように未経験からスタートしようと考えている方、研修や資格取得制度などフォロー体制は万全なのでぜひ挑戦してほしいと思います。