株式会社岡島トーヨー住器

一歩ずつ成長できる職場。
経験を重ねるほど面白くなる。

Profile
営業アシスタント
2020年入社
森 由佳
略歴

アパレルの販売職や製造業の開発アシスタント経験を経て、2020年4月に入社する。営業アシスタントとして、カーテンをはじめとしたインテリア用品を中心に既存顧客に対して需要の喚起を行っている。

先輩たちの手厚いサポートを受けながら、業務の幅を広げられる。

子育てが一段落したことを機に、正社員として働きたいと思い立ったのが入社のきっかけです。「人と接する仕事」「土日祝がお休み」という条件で探した結果、当社の募集を見つけました。これまで建築関係の会社に勤めたことがなかったので、知識も経験もゼロの状態。未経験から飛び込んで覚えることの多さに驚いていた私が、いまも続けられているのは頼れる先輩たちのフォローと充実した研修のおかげです。少人数の職場ということもあるのか社員同士の距離が非常に近く、話しかけやすい環境があります。なにかわからないことがあれば、その都度聞いて解決できるので助かりました。一度で覚えられない場合も、ありがたいことに何度でも教えてくれます。また、メーカーが主催する研修にも参加でき、商品知識を深めていけました。2020年よりオンラインでの研修となっているので、わざわざ現地に行く必要もありません。入社から1年経って、少しずつですが知識と自信がついてきています。

顧客と関係を深めながら、お手伝いをできるところを探してご提案する。

営業アシスタントというポジションは、既存顧客の新規ニーズを引き出す役割を担います。顧客である工務店は、実はインテリア関連の商品を苦手としているところも少なくありません。そのため、現在はインテリア関連の商品受注を目指しており、私が主に担当しているのはカーテンです。サッシの販売・取付を行う当社には、窓の施工図面を見ただけで必要なカーテンのサイズがわかるという強みがあります。新居の予算組みの段階でおおよその見積もりを出せるので、完成後の出費にあれこれ悩まなくて済むのがメリットです。そういう部分を工務店にアピールしていますし、ときには工務店が抱えるお客様へ直接ご案内することも。カーテンは長く使うことになるため、お手入れのしやすさがポイントになり、柄や縫製の良さだけでなく、洗濯してもしわになりにくい商品など先々のことを考えたご提案をしています。「以前はこのような例もありました」といった経験が活きる仕事だから、働くほどやりやすくなっていますね。

「次はこれをがんばろう」と、自然と目標を持てる職場。

未経験から会社に入って、階段をのぼるように成長できているのは、うまく業務のコントロールをしてくれる上司の存在が大きいです。ちょっとずつ任せてもらえる範囲を増やしてくれ、最近ではひとりで既存顧客を回るようになりました。ある意味で営業のポジションに近いですが、最終的な金額交渉などは周りがカバーしてくれるため商品提案に集中できます。営業職は販売職と違ったやりがいがあり、時間をかけて顧客の信頼を獲得する仕事なので、依頼が来た際の喜びも大きいです。最近はカーテンに加え、お風呂やシステムキッチンといった水廻りの商品も任されるようになりました。また、2021年よりLIXILが展開する窓や玄関ドアのリフォームサービス「マド本舗」の販売担当にもなり、FC本部の方と一緒にチラシを作成して、工務店に働きかけています。当社はひとつ覚えてから、新しいことを覚えていくイメージで成長でき、「次はこれをがんばろう」とやる気になれる職場です。仕事への理解が進むほど楽しくなってきています。