株式会社WAGO

かつては生徒を、今は部下や会社を明るい未来へ導きます。

Profile
京都営業所 マネジャー
2017年 入社
本保 淳司
略歴

教育大学卒業後、中学校の技術家庭科の講師として約8年勤務。30歳を機に、ライフラインを支える安定性とやりがいに魅力を感じ大阪ガスの工事会社へ転職、約10年間勤務する。2017年、前職の先輩からの熱心な誘いに応じ、以前から成長の勢いに興味を抱いていた株式会社WAGO京都営業所へ入社。2018年から現職のマネジャーを務め、後進の育成と会社の売上拡大に貢献している。

中途入社のハンデのない業界。中学校の先生から転身しました。

同業他社からWAGOが京都営業所を立ち上げる際に転職。先に当社に来ていた前の職場の先輩から誘われ、話を聞くうちに面白そうだと思ったのです。というのも、大阪ガスから認可されている大阪ガスの工事会社は近畿で約250社。ただ、ここ10年に限ると新たに「看板」をもらったのはWAGOだけ。高齢化で閉じる会社が増える中で大阪ガスの基準をクリアして認可され、新しく営業所を立ち上げるなんて勢いがあるなぁと感じ、非常に興味を持ちました。そもそもガス業界に就職したのは、大学にガス学科はなく、中途社員は誰もがアドバンテージを待たずに入社し、みんな同じスタートを切れるところ。実際、私は教育大学出身で、前々職は公立中学校の技術家庭科の講師、前の職場に設計営業として入社したのは30歳と早いデビューとは言えないものの、努力の甲斐あって営業主任までステップアップできました。前職で営業主任を務めていた経験を買われ2018年に京都営業所のマネジャーに就任。プレイヤー寄りのプレイングマネージャーとして、設計業務、営業フォロー、大阪ガスとの折衝、スタッフのマネジメントといった役割を担っています。

教え、教わり、人は成長します。そうした機会を営業所のメンバーにも。

出勤後、まず工程管理を見て、今日はどこへ行くのか、何をするのか、何か問題はないか、といった具合に全員の動きを確認します。その後、設計業務に移り、図面を作成。ガスの配管等を最終確認したうえで書類を仕上げて大阪ガスへ赴き、書類内容に問題があれば修正対応します。マネジャーとして心がけていることは、短期・中期・長期の目標を立て、誰がどの目標に向かってどのように取り組んでいるかを把握することです。その際に大切なのは、コミュニケーション。講師時代に務めていたソフトテニス部の顧問のような気持ちでスタッフと接しています。基本、私が教える機会が多いものの、部下や後輩から教わることも多いのも事実。現在会社の中心となって活躍してくれている30代のメンバーに後輩から教わる機会を数多くつくれるよう、新たな人材の獲得を目指しています。ただ、人材の獲得は喫緊の課題ではあるものの、求める人物像はあえて設定しません。こういう人がほしい!と掲げてしまうと少しの違いで貴重な戦力を逃してしまいかねないからです。今いる楽しく一緒に仕事ができる人、とそれくらい漠然としていたほうが良い結果につながると信じています。

就きたいポストはない。後押ししたい想いはあります。

個人的にこうしたポストに就きたいという目標はありません。ポストはあくまで結果。目標にしてしまうと本末転倒で、部下や後輩のやりたいことを実現することが私の目標です。先日、営業スタッフのひとりから、「大型商談が進んでいるが、受注すると手一杯になる」という相談を受けました。事務員さんを含め営業所のメンバーに、その営業スタッフの件を伝えると、みんな自らワークシェアを申し出てくれたので、大型商談に専念させることに成功。無事に大口契約締結してくれました。私自身お酒は飲めないのですが、それでも飲みたくなるくらいにうれしかったです。これからもスタッフ一人ひとりの「やりたい」を後押しできる上司であり続け、もっと結果を出して、大阪ガスの工事会社の中における当社の存在感を押し上げていきたいと思っています。私たちWAGOが身を置くガス工事業界は、人々の生活に欠かせないライフラインを扱うだけあって安定性は抜群です。その中でも当社は特に勢いがあり、同業他社からも「元気あるね」と言われるほど。ぜひ、暮らしをより良くする仕事を通して、より良い暮らしを手に入れてほしいです。