現場作業員 職長

短期間で現場が変わる面白さ。
常に新鮮な気持ちで働けます。

Profile
現場作業員 職長
2008年入社
鈴木 淳裕
略歴

前職は土木作業員。建築業界に興味を持ち、人づてに知った『オオニシ』に入社する。6ヵ月後に杭打機の免許を取得し、1年後に職長に昇格。数々の現場を仕切りながら、仲間と一緒に多くの地盤を支えている。休日はショッピングを楽しんで気分転換を図る。

土木業界時代の経験を活かしながら、新しいことを学んできました。

地盤改良工事は基本的に3名1組のチームで動くので、新人研修では1チームにプラスする形で加わり、業務の流れを覚えていきます。もともと土木作業員として道路や擁壁、ダムの建設などに関わっていたので、重機の扱いや図面の見方は以前の職場でも経験があり、なじむのは早かったです。業務に必要な杭打機の免許取得の費用も、会社が負担してくれました。また、地盤改良の仕事は一般住宅の場合も多く、住宅に囲まれた土地で作業することも少なくありません。騒音や汚れに気を配らないといけないので、無駄な動きを抑えつつ、土が飛び散らないようにどう機械を配置するかが大事になります。そういった配慮も、当社で初めて学びました。活かせる経験と新しく学べるもののバランスが良く、非常に始めやすかったです。

1週間のうちに現場を複数回ることもあり、いつも違う風景を楽しんでいます。

住宅の地盤改良の場合は2~5日程度で現場が終わるので、1週間もしないうちに違う現場に向かえます。基本的な作業は同じですが、やはり風景が変われば気分も変わるため、あきることもありません。活動範囲も和歌山県を中心に幅広く、たまに土地勘のある場所で作業することも。関わった現場が自宅から行ける範囲のスーパーやドラッグストアだった場合は、完成後に家族で足を運び、「ここの地盤はお父さんが工事したんだよ」と子どもに教えることもありました。人が集まる場所の工事に携わるので、自分たちの責任の大きさを痛感します。特に住宅はその後、何十年にもわたって購入されたご家族様が住み続ける場所。変なことはできないなと、いまも緊張感を持って仕事に取り組んでいます。

目標は、若手を育てること。自分の時間も大事にできる働きやすい職場です。

10年以上務めてきて、年齢もある程度重ねてきました。そろそろ自分の技術を磨くだけでなく、会社のこれからを担う後進の成長を後押しする役目にならなければと感じています。私も業界未経験からスタートしたので言えますが、この仕事は異業種から思い切って飛び込んで来ても問題ありません。常に複数で現場に向かうため、なにかあってもフォローしやすく安心です。そういう環境があるので、ベトナムから来られた実習生の方ものびのび作業しています。ほかにも当社は有給休暇が取得しやすく、私も子どもの学校行事で休んだり、旅行に出かけたりと自由に使いました。プライベートも充実する環境があるから、家族ができて、そろそろ身を固めたいという方にもおすすめです。現場作業に興味さえあれば成長を目指せるので、ぜひ応募してほしいですね。