旭化成基礎システム株式会社

安心して家族を養える会社だから入社を決めました

Profile
施工チーム
2021年10月
今井翔馬
略歴

雇用形態:正社員
所属:施工チーム
役職:施工スタッフ

結婚して家族ができたので安定した収入を求め転職

前職は牧場で競走馬を育てる仕事をしていました。結婚して家族ができたので、収入を増やしたいと思い転職を決意。安定した収入が得られる仕事を探していたところ、旭化成基礎システムで社員を募集していると知り応募しました。旭化成グループの子会社なので福利厚生などもしっかりしていますし、安心して長く勤められると思って入社を決めました。

入社して最初の1ヶ月間は、会社で旭化成グループの説明を受けたり社内制度などについて研修してもらいながら現場見学を行ったりしていました。また、仕事で必要な玉掛けの資格もこの期間に取得しました。それから3人1組の現場に加わり、下回り2名の4人体制で仕事を教えてもらっています。

初日にしっかり段取りを決めればあとの作業はスムーズ

現場は長いときで2週間、短いところは3~4日で作業を終えます。1日目は重機と杭材を搬入し、杭を打つ位置を確認して試験杭を打ち込み、杭を打つ順番を決めます。初日に段取りをしっかり組めば、翌日からはその手順通りに杭を打つ作業を行い、最終日に重機の搬出と現場の清掃を行って終了。最初に決めた計画通りにミスなく現場を終えられたときは達成感がありますね。

現場に入るとき最初に言われたのは「仕事は作業していれば覚えられるから、とにかくケガをしないように気をつけてね」という言葉。現場は住宅街が多いため、自分はもちろん他のメンバーや歩行者にもケガがないよう周囲の確認をしっかり行うことを心がけています。

仕事でいろいろな街に行けるのが楽しい

下回りは主に現場の雑用を担う役回りですが、溶接する人や重機オペレーターが作業しやすいよう全体の段取りを常に頭の中でイメージしていなければなりません。でも少人数の現場なので作業はみんなで相談しながら進めていきますし、現場には声を荒げる人はいないので仕事が楽しい。親切な人ばかりなので、人間関係に関してはすごく良い職場ですね。

現場は東京・神奈川・埼玉・千葉の1都3県がほとんど。電車で直行直帰です。新築住宅の杭基礎工事なので、いろいろな街に行けるのも楽しいですね。昼はみんなで現場近くのお店にランチを食べに行ったりもしています。最初は覚えることが多いですがやりがいのある仕事ですので、ぜひ来てください!