株式会社粉室製作所

現代に見合った研修・評価体制で、未来ある人材を育てたい。

Profile
総務部 課長
2012年 入社
大谷 弘二
略歴

医薬品会社でのルート営業や太陽光エネルギー会社での経理などの業務経験を経て、株式会社粉室製作所へ。経理を担当したのち、現在は総務部課長として総務・人事業務に従事する。昭和の時代から受け継がれてきた当社の高い技術力を誇りに思いながらも、研修や評価の制度を改めることで新たに若年層を取り込むことに尽力している。

人事担当として嬉しいのは、知人を誘ってくれる若手社員がいること。

以前勤めていた太陽光エネルギー会社での経理経験を活かせればと、経理担当として当社へ転職しました。個人的にちょうどワークライフバランスを見直していたタイミングだったこともあり、家族の希望であった日曜・祝日の休みや残業があまりない働き方が叶うことも入社の決め手となりました。現在は総務と人事を兼任し、常務とともに採用面接にもあたっています。うれしいことに、当社には求職中の知人に声をかけてくれるような若い社員がおり、実際に彼らが誘ってくれた方を面接することもあります。手前味噌な表現になりますが、転職を考えている友人に「うちにおいでよ」と言えるって、なかなかない話ではないでしょうか。品質や納期など、ものづくりの面では一切妥協しない反面、服装などその他の部分には割とおおらかな社風なので、社員としても過ごしやすく、そんなところを気に入ってもらえているのかなと思います。

職人技は守りながらも、技術の伝え方は変えていきます。

新たな仲間に迎えたいのは、ねじづくりに関心のある方です。このことを、製造経験の有無以上に重視しています。製造業と聞くと、機械オペレーターなどの単純作業をイメージされる方もいらっしゃるかもしれません。しかし当社の業務はどちらかというと経験やそれによって培われた感覚がものを言う職人技的な面があり、「もっとねじについて知りたい」「腕を磨きたい」という想いが技術の向上に直結するからです。ただ、私たちも人材を受け入れる側として、技術の伝え方や評価体制等は新たに立て直す必要があると感じています。たとえば「背中を見て学べ」という指導法は現代の若い人には受け入れにくいでしょうし、ほかにも「分からなければ質問をして」と先輩に言われたとして、忙しそうだったり、集中している様子だったりするとなかなか声をかけづらかったりもしますよね。指導する側から「どんな感じ?」と積極的に声をかけるなど、安心してスキルを伸ばしてもらえるよう、現代に見合った方法へと今まさに切り替えている段階です。

「できない」を面白がり試行錯誤する。それができる環境をつくるのが私の役割です。

既存製品のほか、お客様からのご依頼などをもとに新製品の開発も行っている当社。スタッフたちは、ねじの概念にとらわれることなく難題にも次々とチャレンジしています。ある20代の製造社員は、以前私に「ねじづくりの面白いところは、失敗しても成功するまで探求し続けられるところ」と話してくれました。その姿勢がうれしかったですし、彼のように、簡単にできることよりもできないことを面白がり試行錯誤し続けられる人に、ねじづくりの未来を担ってもらいたいですね。そのための働く環境の整備が、私の役割です。職場は1日におよそ8時間、とすると家族といるよりも長い時間を過ごすこ とになる場所。スタッフができる限り快適に仕事に没頭できる場にするため、現場の声に耳を傾けることは欠かせません。そうして当社の「働く場」をより風通しの良いものにし、若い社員にも、ねじづくりの技術にも、しっかりと根を張ってぐんぐん成長していってもらいたいというのが、今の私の思いです。