長浜らーめん海南店 店長

自ら考え、結果を出せる。
お客様の反応がやりがいに。

Profile
長浜らーめん海南店 店長
2010年入社
橋本 孝典
略歴

前職は軽トラックの配送員。転職を考えたときに、高校生時代にアルバイトをしていたラーメン店での楽しい日々を思い出し、「長浜らーめん海南店」のアルバイトとして入社。翌年より正社員となり、経験を重ねながら、副店長、店長へと昇進。現在は「海南店」の店長としてチームワーク重視の運営を目指す。好きな店舗メニューは、とんこつ白とチャーハン。

目の前でがんばりが評価されるから、明日もがんばれます。

私はこの仕事の最大の魅力を、お客様の反応を直で見られることだと思っています。当社で働く前は、トラックドライバーのような人とコミュニケーションを取る機会の少ない仕事をしてきました。それはそれで好きな仕事でしたが、あるときに別の途に進みたいと考えるようになり、配送業と並行して当社の海南店でアルバイトを始めてみたのです。そうしたら、自分の目の前でおいしそうにラーメンを食べてくださるお客様の姿がうれしくて。こんなにダイレクトに人の反応を見られる仕事はないなと思って、すぐにこれ一本でやっていこうと決意できました。また、「長浜らーめん」では各店舗でスープをつくっています。これがなかなかむずかしくて、温度や湿度でブレ幅が変わるため、同じつくり方では同じ品質のものができません。たとえば、夏と冬では温度に差があることで水分の飛び方が違うので、火加減も変わります。そうやって毎日真剣勝負でスープをつくっているからこそ、一口目を召し上がられて表情がゆるむお客様の姿を見かけられると励みになりますね。

お店として一体感を持って働ける環境づくりに力を入れています。

当社の店長職はプレイングマネージャーとして、調理・仕込みから食材発注、スタッフ管理、備品管理と幅広い業務に関わります。その中でも大切なのが、スタッフ管理です。お客様に対して明るい接客を常に提供したいので、周りを見渡しながら声かけを行い、ときには冗談も言い合いながら気分を盛り上げられるように心がけています。ですが、ただ会話をすればいいわけではなく、店長としてみんなで同じ方向を向いて働ける職場にしなければいけません。「海南店」は正社員・アルバイトを合わせると20名近くのスタッフが働いていて、年齢も考え方もさまざまです。日々の仕事をこなすだけではバラバラになってしまうので、意識して自分の想いを伝えているようにしていますし、話を聞いています。「人に喜んで貰う事で自分も喜ぶ」という当社の理念をみんなが理解して体現できる店舗になるのが一番です。私以外にも正社員が2名いますので、なによりコミュニケーションの大事さを教えています。

「長浜らーめん」を、多くの人にとってあこがれられる場所にしたい。

飲食業は生活にとって欠かせないものなのに、割と重労働なイメージが浸透していて、第一志望として選んでくれる人が少ないことに惜しさを感じています。実際は、すごく面白い仕事です。それに、当社は労働環境を改善している最中で、以前より労働時間も減っています。また、当社は現在4店舗を展開していますが、それぞれにカラーを出せる余地があり、メニュー提案も気軽に行えるのが魅力です。「海南店」でいえば、感染症対策の一環としてテイクアウト用のお弁当を開発したところ、いまでは全店で販売するようになりました。ほかにもオリジナルセットメニューを考案するなど、どんどんアイデアを反映させています。小回りが利く対応ができるのは、専務や社長と距離が近いからだと思いますね。メニュー提案に限らず、現場サイドの声を直接届けられるので、やりがいがあります。いつか、いま以上に「長浜らーめん」のブランド認知度を拡大させて、「あのお店で働きたい」とあこがれられるお店にしたいです。働いていただければ、必ず『ナイス』の良さがわかると思います。実際に、私を含めアルバイト上がりの正社員も珍しくありません。興味がある方は、ぜひ応募していただきたいです。